mineoの持込み端末補償ってどんなサービス?

mineoの持込み端末補償ってどんなサービス?

 

mineoの持込み端末補償

 

 

mineo(マイネオ)では端末補償のオプションも充実しており
mineoのSIMのみを申し込みされた方が利用できる持込み端末補償サービスと
mineo(マイネオ)でSIMとSIMフリー端末を同時購入された方が
利用できる端末安心補償サービスの2種類が利用できます。

 

今回のエントリーはその中でもSIMのみを申込された方におすすめの
持込み端末補償サービスについてご紹介します。

 

 

mineoのDプランはコスパ最強SIM!Dプランの料金やメリット【mineoのDプランはコスパ最強SIM!Dプランの料金やメリットは?】

 

 

 

mineoの持込み端末補償サービスはとても優秀!

 

 

mineo(マイネオ)でSIMのみを利用された方が申し込みできる
持込み端末補償サービスは月額500円で利用できる
補償サービスとなっています。

 

 

持込み端末補償サービスのメリットは
対応している端末がとても多い事です。

 

 

ZenfoneシリーズやAQUOSシリーズ、Huaweiシリーズや
arrowsシリーズなどの人気のSIMフリー端末はもちろん
docomoやau、ソフトバンクブランドの端末も対象に含まれています。

 

その中でもmineo(マイネオ)の持込み端末補償サービスは
iPhoneシリーズにも対応している事は見逃せません。

 

 

持込み端末補償サービスを提供している格安SIMキャリアは
他にもいくつかありますがiPhoneにも対応している格安SIMキャリア
私の知る限りではmineo(マイネオ)のみとなっています。

 

 

mineo(マイネオ)で補償してもらえるiPhoneナンバーは
ドコモ、au、SIMフリーのiPhone6から新型のiPhone7までとなっています。

 

ソフトバンクブランドのiPhoneでも
iPhone6s、iPhoneSEが対象となっています。

 

 

格安スマホとよばれる3万円から4万円のSIMフリー端末に比べて
iPhoneの端末価格は7万円程度の高級スマホとなります。

 

 

iPhoneSEは唯一4万円台で購入できますが
それでも格安スマホと比べるとかなり高価な端末となります。

 

 

mineo(マイネオ)ではiPhoneユーザーの獲得にとても積極的ですが
持込み端末補償サービスの対応端末を見てみるとその本気度がわかりますよね。

 

その他の対象端末はとても多いのでエントリー下で紹介させて頂きます。

 

 

mineo(マイネオ)で利用できる持込み端末補償サービス
月額500円となりますが補償を利用する場合は月額料金以外にも
追加料金が必要となっています。

 

1度目のサービス利用で追加料金が5000円、
2度目の利用で追加料金8000円、
3度目の故障からは自己負担となります。

 

また補償開始時期にも注意が必要です。

 

持込み端末補償サービスの加入後サービス適用されるまで
1ヶ月間の適用除外期間を経てから持込み端末補償サービスが利用可能となります。

 

mineo(マイネオ)の持込み端末補償サービスは
iPhoneを含めたとても対象端末の多い素晴らしいサービスですが
追加料金と利用が出来る時期についてはしっかりと確認しておいてくださいね。

 

 

 

mineoDプランのお得な申し込みはこちら

 

 

■ 持込み端末補償サービス対象端末

 

持込み端末補償サービス対応端末

 

 

 

関連ページ

mineoスイッチで賢くデータ通信量を節約しよう!
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoのDプランではmineoスイッチを利用する事で賢くデータ通信量が節約できます。mineoスイッチは特に500MBプランや1GBプランといった少ないデータ通信プランで利用されている方はとてもメリットが大きいサービスです。mineoで利用できるmineoスイッチについてご紹介します。
mineoで購入出来るSIMフリー端末選びはこれがおすすめ!
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoのDプランではSIMの申し込みと同時にSIMフリー端末を購入する事ができます。mineoのDプランの申し込み時に同時購入できるSIMフリー端末でおすすめはZenfone3となります。Zenfone3についておすすめの理由をご紹介します。
mineoの3日間のデータ通信上限はどれくらい?
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。格安SIMの利用では3日間のデータ通信上限を理解する事がとても重要となっています。3日間のデータ通信上限が厳しい格安SIMキャリアだと月額料金は節約できても日常使いでとても不便となってしまいます。mineoの3日間のデータ通信上限についてご紹介します。
mineoの端末補償のメリットと注意点
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoのDプランではSIMのみを申込された方に向けて持込み端末補償サービス、mineoでSIMと同時に端末を購入された方に向けて端末安心補償サービスを提供しています。mineoで利用できる端末の補償サービスについてご紹介します。
mineo利用者が近くにいればパケットギフトがお得ですよ!
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoのDプランではパケットギフトといわれるデータ通信量のやり取りが可能なサービスが利用できます。パケットギフトを利用すればデータ通信量が足りなくなった場合でも追加で知り合いからパケットを受け取ります。そんなお得なサービスであるパケットギフトについてご紹介します。
mineoのフリータンクってどんなサービス?マイネ王ってなに?
mineoのDプランは利用を開始した後、マイネ王に登録する事でお得なフリータンクの利用が可能となります。フリータンクは毎月1GBまで高速通信で利用できるデータ通信量が引き出せるお得なデータ通信サービスとなっています。mineoで利用できるフリータンクの利用方法と注意点をご紹介します。
mineoのプレミアムコースの申し込み条件について
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoのDプランではお得なmineoの独自サービスが利用できます。フリータンクやパケットギフト、パケットシェアなどデータ通信量をお得にできるサービスはとても人気があります。このエントリーではその中でも特に注目されているプレミアムコースについてご紹介します。
mineoの端末安心補償サービスの注意点をご紹介します。
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoでは端末セットを申込された方に向けてお得な端末補償サービスを用意しています。mineoで利用できる端末安心補償サービスについてご紹介します。
mineo(マイネオ)のデータ繰り越しサービスをご紹介します。
mineo(マイネオ)ではお得な独自のサービスとしてデータ繰り越しサービスを提供しています。データ繰り越しサービスは翌月の余ったデータ通信量を全て繰り越せるお得なデータ通信サービスです。mineoで利用できるデータ繰り越しサービスについてご紹介します。
mineo(マイネオ)のパケットシェアでデータ通信量を効率よく消費しよう
mineoのDプランでは先月余ったデータ通信量をmineo利用者同士で共有できるお得なパケットシェアが利用できます。mineoのパケットシェアは無料で利用でき、特にご家族での利用がお得となります。mineoで利用できるパケットシェアについてご紹介します。