mineo(マイネオ)がお得な料金で利用できる理由は?

mineo(マイネオ)がお得な料金で利用できる理由は?

 

mineo(マイネオ)がお得な料金で利用できる理由は?

 

mineo(マイネオ)では500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの
5種類の料金プランが用意されています。

 

特に3GBプランがお得となりドコモ回線割引を利用したDプランなら
データ通信のみのシングルタイプでSMS付き月額1020円、
LaLaCallを利用して通話機能を付けると月額1120円に無料通話が100円分ついてきます。

 

mineo(マイネオ)の利用者がLaLaCallを利用すると
100円分の無料通話がついてきて携帯電話へは約5分、
固定電話へは約40分の無料通話が可能となります。

 

LaLaCallは新しく電話番号が発行されデータ通信のみ
シングルタイプでも利用できます。

 

大手キャリアでは月額7000円とも言われている利用料金に比べて
mineo(マイネオ)では何と月額1120円で無料通話まで利用出来てしまうのです。

 

なぜmineo(マイネオ)はここまでお得な料金で利用できるのでしょうか。

 

その理由はネット申し込みをメインに利用してキャリアショップの
維持費や人件費がかからない事、大手キャリアであるdocomoやauから
回線設備を借りてサービスを提供する事で回線設備の維持費やメンテナンス費、
電波状況を改善する費用がまったくかからないからです。

 

現在、大手キャリアのキャリアショップの店舗数はコンビニよりも多く
街道沿いだけでなく大型ショッピングセンターなどに必ず店舗を構えるほどになっています。

 

その分、大手キャリアでは店舗の維持費や光熱費、人件費を
月額料金に上乗せして利用者に請求しているのです。

 

対してmineo(マイネオ)ではキャリアショップの店舗数は全国で5店舗ほど。
家電量販店やサポート店などに1名から2名ほどのスタッフを在中させる程度となっています。

 

このキャリアショップにかかる維持費がかからない分を
そのまま低価格の月額料金に反映させているのです。

 

またmineo(マイネオ)ではdocomo、auから回線設備を借りて
サービスが提供されるMVNOとよばれる格安SIMとなっています。

 

ドコモやauなど人口カバー率が99%をこえる電波網の維持費など
莫大な設備費用がかかる通信網をレンタルする事でさらなる
月額料金の低価格化に成功しているのです。

 

そのため大手キャリアで7000円も毎月かかる月額料金が
月額1120円で通話機能が利用できるほどの低価格となっているのです。

 

mineo(マイネオ)なら大手キャリアと比べて月額で6000円もの節約となります。
年間で7万円を超える節約金額で通信サービスが利用できるのは
mineo(マイネオ)の大きなメリットとなっています。

 

 

mineoDプランのお得な申し込みはこちら

 

 

関連ページ

mineo(マイネオ)の複数回線割引でさらにお得に利用!
mineoのDプランでは2枚以上のSIMを利用される方向けにお得な複数回線割引を用意しています。複数回線割引は最大で5枚までのSIMで利用でき、1回線につき50円の割引を受ける事ができます。mineoで利用できる複数回線割引についてご紹介します。
mineoの家族割引でパケットギフトが利用できる!
mineoのDプランで複数枚でのSIMを利用する場合、複数回線割引と家族割引のどちらかを利用する事ができます。しかしパケットギフトについては複数回線割引で利用する事ができず、家族割引での利用がお得となっています。mineoの家族割引でパケットギフトを利用する方法をご紹介します。
mineoの料金プランは3GBがおすすめです!
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoで利用できるデータ通信プランの中でも特にお得なのは3GBプランとなります。mineoの3GBプランについてご紹介します。
mineoのDプランとAプランはどちらがおすすめなの?
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。このdocomo回線を利用したDプランとau回線を利用したAプランではどちらがお得となるのでしょうか。mineoで利用できる2種類の回線プランについて比較してご紹介しています。
mineoの店舗申し込みとネット申し込みどちらがおすすめ?
mineoのDプランはdocomo回線を利用した格安SIMサービスとなります。mineoでは申し込み方法にネット申し込みと店舗申し込みが利用できます。この2種類の申し込み方法ではどちらがおすすめでしょうか。ネット申し込みと店舗申し込みについてご紹介します。